「人は自分で思っているより…ずっと愚かで,その弱さゆえに…
されるときがある,まるで子供の拙指先が…
シャツのボタンを掛け
違えるように,ボタンを掛け違える人を笑うのは簡単だ,
いつまで
も気つかずずれたままのボタンを笑うのは簡単だ,
けれどそれは誰
にでもある,気つかないうちにみんなボタンを掛け違えていたりする,
ちょつとした勘違い,ちょつとした間の悪さ,
人はそんなもの
に簡単に 翻弄されてときに 進むべき道を間違えるけれど……
誰がそ
れを責められるだろう? さみしがってはいけないか,
そばにいてくれる人に縋ってはいけな
いか,こんなに寒くて,
こんなにつらい夜に,ひとりで耐えろと誰
が言えるのか,
この腕ではない,この胸ではない,そう知りながら
—でもどうしようもない夜がある,
ボタンを掛け違えたのだと気が
つくのはいつだって最後の最後なのだ,
それまではきつとこれで正
しいと,信じながら進んで—
過ちの大きさに気づき,愕然とする…
…」

chatte 喜歡的一席話…因在這打不出日文…
我只好另外碼好字再貼上來…
分享一下

創作者介紹
創作者 Chatté 的頭像
Chatté

Chatté Handmade Room 手作りの部屋

Chatté 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()